>

個人では対処の仕様が無い

インターネット上に風評被害となる噂が広まった時、個人の力ではどうすることも出来ません。
例えばまず、巨大掲示板で風評被害の元となる投稿を発見したとしても、その投稿の削除を依頼するには手続きを踏まねばならず、そうしている間に一気に拡散します。その拡散が誰にどれだけ広がったか知るのは容易ではありませんし、それぞれに削除依頼を出すのは到底不可能でしょう。Twitterでは一人ひとりに頼むしか無いので尚の事です。
また、もし情報発信者を特定し、訴えたいと考えた時にも、個人では匿名投稿者の素性を特定するのは不可能でしょう。掲示板を運営するプロバイダに開示を要求しても、恐らく個人情報を盾に取り次いではもらえないでしょう。

専門家には何が出来るのか

風評被害を受けたらまずは間違った情報を削除しなくてはなりません。
弁護士や専門業者に依頼すれば、運営しているプロバイダ(もしくは個人)に直接掛け合い、当該投稿を削除、またはスレッドそのものを削除してもらうことが出来ます。
また、PCごとに存在するIPアドレスの開示要求を行い、発信者の身元を特定することも出来ます。個人では開示や削除に応じてもらうのはとても難しいですが、業者や弁護士ならば、いざとなれば法的手段によって実現させることが可能なのです。
また、検索エンジンにおいて、検索補助によって出てきてしまう関連ワードを削除したり、検索した際、風評被害の元となるサイトが上位に出てきてしまう場合、それらを検索結果のずっと下位の方に押し下げる処理を行うことが出来るのです。
これらは個人では絶対に出来ないことですので、素早く被害を沈静化したいのであれば、弁護士や業者に頼むのが適切でしょう。


個人の限界 専門家への依頼

この記事をシェアする