ネットでの風評被害は是非弁護士か専門家へ!

ネットの風評被害にお悩みなら、弁護士か専門会社へ相談しよう

何故他人の風評を軽々しく流すのか

昨今、インターネットは私達の生活に広く普及され、誰でも簡単になんでも調べることが出来るようになりました。また、個人であってもとても簡単に、どんな情報でも発信することが可能になりました。
本来情報発信者の人となりなど全くわからない、インターネットから得る情報はよく吟味して、真実かどうか考えてから飲み込まなければいけません。ですが、簡単に情報が発信・閲覧出来るようになったために真偽混じった情報が怒涛のごとく溢れかえり、例え間違った情報であっても、一つ一つの情報を検証する余裕がなくなってしまっているのが現状です。
そうしてろくに真偽を確かめないで得た情報を、そのまま発信者と同様に不特定多数に向けて無責任に発信して拡散してしまうというのがインターネットで情報が氾濫した現代の流れです。
そんな信憑性のない情報が飛び交うインターネットが定着した現代は、ネット上での風評被害が年々右肩上がりで増加し続けています。
風評被害とは、「風評」つまり噂、ゴシップによって、企業または個人が社会的・経済的に被害を被る事を指します。誹謗中傷も似たような意味合いで、根拠のない事実の流布によって誰かが被害を受けることですが、風評被害は情報の発信者に悪意がない場合があります。
噂というものは昔は口伝てで広がっていたものですが、インターネットの普及により、巨大掲示板や個人SNSで一瞬にして数万数十万の不特定多数の人々に広がってしまうのです。しかも、発信者は匿名で。更にインターネット上に投稿された情報はいつまででも残ってしまうので、放っておいても解決することがありません。
ですので、ネット上で風評被害が発生した場合はただちに対策を取らねばならないのですが、個人でなんとかするのはイタチごっこどころの話ではなく、まず無理でしょう。
ネットで風評被害を受けた時は、専門の弁護士や業者に任せるのが最も早い解決方法でしょう。

おすすめリンク

風評被害対策のサービス

個人では難しい風評被害対策を行ってくれる会社があります。どんなサービスを提供しているのでしょうか?

最近よく聞くMEO対策って?

ネットを活用したビジネスに欠かせないMEO対策。そもそも何をするの?という疑問にお答えします。

現代故大きな被害となりうる風評被害

現代社会では、根も葉もない風評による被害は更に大きく、事例は年々増加傾向にあります。それは、とても簡単に多くの情報を得ること、自ら発信することが出来るインターネットが大きく普及したが故です。 インターネットは相手の顔も自分の顔も見えない事も、大きく関係しています。

個人の限界 専門家への依頼

もし自分が、根も葉もない嘘の情報をインターネット上に流された場合、どんなことをすれば状況を沈静化することが出来るのでしょうか。 また、弁護士や専門の業者に依頼する利点とはなにか。解決を依頼すると、どのような方法で事態を解決に導いてもらえるのでしょうか。

風評被害の主な事例と、起訴された時の罪状名

今なお続く大きな風評被害の代表としては東日本大震災によるものですが、過去にあった大きな風評被害にはどんなものがあったのでしょうか。 また、風評被害の情報発信者を起訴する場合、一体どんな罪状が課せられることになるでしょうか。それぞれまとめました。